多汗症

ただの汗っかき?それとも多汗症?自分で判断する目安とは?

ただの汗っかき?それとも多汗症?自分で判断する目安

子どものころから友だちよりも汗をよくかくから、自分は汗っかきなんだと思い込んできたひとも多いのですが、本当は多汗症という病気の可能性もあります。

多汗症なら適切な治療をしてくことで良くなることも可能です。自分が汗っかきなのか多汗症なのか?自分で判断する目安とはどういったところなのでしょうか。

・子どものころから明らかに人より汗をかきやすい。

・汗がでるので授業で人前に出るのがずっと苦手だった。

・スマホがびしょびしょになるほど手の汗がひどい。

・精神的にストレスを感じると大量の汗が出る。

これらの症状がある人は多汗症の可能性があります。

自分の多汗症の程度や原因を知ることで、適切な治療をすることができます。

多汗症に悩む多くの人は幼少期か思春期ごろに発症しているケースが多いようです。

発汗と精神的ストレスは関係していて、多汗症の人の多くは精神的ストレスや緊張状態の時に多量の汗が出ているようです。

多汗症には2つある

多汗症には種類が2つあります。

1.全身性多汗症

からだ全体から多量に汗をかきます。

原因としては、感染症、神経疾患、内分泌代謝異常などがあげられます。

2.局所多汗症

からだの一部にだけ多量に汗をかきます。

原因としては、原発性、腫瘍、神経障害、外傷などがあげられます。

多汗症のひとで多い症状は、手汗、足汗、脇汗になります。
これは多汗症にならないと理解できないほどの本当にすごい量の汗なので、悩んでいる人が多いのです。

普段の生活にも影響があるくらいなので、いい治療法を見つけて完治させたいですよね。

多汗症に多い原発性局所多汗症になる要因は?

未だはっきりとした要因はわからないのですが、原発性局所多汗症になるひとは通常のひとよりも交感神経が優位になりやすい体質であるようです。

また、外国の研究で家族内にも同疾患のひとがいるかを調べた研究で65%以上が家族内にも同じ症状のひとがいることがわかったのです。
そのため、多汗症には遺伝的要素が考えられるともいわれています。

あなたの多汗症のレベルはどの程度?

あなたに適した多汗症治療法をみつけるためにはまず、あなたの多汗症の程度を知ることが大切です。

次のうちどれに該当しますか?

①ほとんど汗が気にならない程度。

②ちょっと気になるけど、我慢できる程度。

③よく気になるけど、なんとか我慢できる程度。

④気になって我慢できない。

このうちの③と④を選んだ人は多汗症重症度が高いです。

多汗症の治療法にはどんなものがある?

多汗症の患者さんの重症レベルによって合う治療法は違います。

クリニックでの治療法

クリニックで多汗症治療をする際に、重症度が低い順に治療法を紹介します。

・塩化アルミニウムを塗布

塩化アルミニウムの塗り薬を患部に塗ることで、汗をおさえるというもの。
初期の多汗症患者さんによく処方されています。

まれに副作用として刺激性皮膚炎をおこします。違和感を感じたらすぐに医師に診てもらってください。

・抗コリン剤を服用

抗コリン剤を服用することで、発汗を弱めるものです。

用量・用法はしっかり守って服用してください。

・イオントフォレーシス治療

イオントフォレーシス機器を使って患部に電流を流して、汗を出にくい体質に改善していく方法です。
長期間の治療を要しますが、副作用がなく安心できる治療法です。

・外科手術

胸にある交換神経節をとりさる手術です。多汗症の中でも重症の患者さんに行われる治療法です。
術後に患部以外の部位からの発汗が強まるという副作用を訴える患者さんもいることから、手術は慎重に決めなくてはいけません。

これらの治療法でも副作用がなく効果的なイオントフォレーシス治療は人気の治療法です。

しかし、クリニックで受ける場合長期間通うというデメリットがあるため、しっかり治す前に通わなくなったりということもあるようです。

せっかく効果的な治療法を見つけても、完治するまで続けることが出来なければ意味がないですよね。

週に2回、3回と通院して治療を続けることが難しい場合もあると思うので、そういった人は自宅でも出来るイオントフォレーシス機器を購入するのも選択肢としてあります。

ただ、海外メーカーしかこのイオントフォレーシスを家庭用に購入できないので、英語がネックになったり購入方法がわからなかったりということもありますよね。

英語が得意でないけど、自宅でイオントフォレーシス治療したい!という人はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

>>>イオントフォレーシスを自宅で【多汗症ナビ】

脇汗、手のひらの汗、足の裏の汗がつらい!【多汗症の原因とは?】

脇汗、手のひらの汗、足の裏の汗がつらい!【多汗症の原因は何?】

脇汗や手のひらの汗、足の裏の汗で日常生活でもつらい思いをされていませんか?
これは多汗症になってみないとわからないつらさですよね…。

学校や仕事にはいかなくてはいけないけど、人に会いたくない、人の目が気になって仕方ない、気にすればするほど余計に汗が出てくる…。
それが多汗症のつらさです。

普通の汗っかきですまないのです。しっかり治療しなければ、日常生活でもすごく大変な思いをしますよね。
パソコンやスマホも壊れるのでは?とひやひやです。

そんな多汗症の原因って何なのでしょうか。

多汗症の原因

多汗症の原因には一概にこれ!とは言い難いのです。
なぜならひとによって原因が違うからです。

普段の生活でふつうはリラックスしている状態だと副交感神経が優位にたちますが、多汗症のひとはそう言った状況でも交感神経が敏感になっていると言われます。

交感神経が敏感になってしまう原因も様々ですが、ホルモンバランスが崩れていたり、精神的なストレスを抱えていたり、生活習慣が乱れていたり、遺伝性のものもあると言われます。遺伝性の場合は家族内で同じ症状を持った人がいます。
また、多汗症の症状が出ている人の中には、別の病気が潜んでいる場合もあるため注意しましょう。

糖尿病や急性リウマチ、バセドウ病や自律神経失調症、結核や癌などの病気が原因となって多汗症の症状が出ていることもあるのです。

その場合、病気を治療することで多汗症の症状もおさまることがほとんどですので、病気の治療をしっかりするようにしましょう。

・ホルモンバランスが崩れている

ホルモンバランスが崩れると色々な症状が出てきます。その中のひとつがホットフラッシュというものです。
周りの人は暑くないのに、自分だけ顔や体が火照ってきたり汗がたくさん出てきたりします。

・精神的なストレスを感じている

精神的なストレスを抱えていたり、緊張したりすると、汗が噴き出してきます。

 

 

・生活習慣が乱れている

食生活が偏っていたり、塩分や脂質の多いものばかり食べていると汗を促してしまいます。
肥満体形の人は特に多汗症になりやすいと言われていますので注意が必要です。

皮下脂肪が多いので体にこもった熱を外に出すために汗を大量にかいてしまうのです。
生活習慣を見直すことで改善につながることもあるので、あてはまっているひとは見直しをしてみるのがおすすめです。

 

 

多汗症の原因はいろいろとありますが、自分の多汗症の原因がわかってくれば、治療法や対処法もわかってきます。
自分の症状をよく観察しながら、生活習慣の見直しも含め、改めるべきところは改善していくことも大切です。

手足、脇の汗を治す方法【6つの多汗症治療】とは?

手足、脇の汗を治す方法【6つの多汗症治療】

手や足、脇の汗がすごいと普段の生活でも支障がでてしまいます。会社や学校に行くのが嫌になったり、人に合うのが苦手になったり、性格も内向的になってしまいます。

できることならしっかりと多汗症と向き合って、完治させて毎日を明るい気持ちで過ごしたいですよね。

手足、脇の汗を治す6つの多汗症治療法をまとめてみました。
あなたに合う方法で多汗症をケアしていきましょう。。

1、飲み薬による治療

多汗症で皮膚科などを受診すると、抗コリン剤をいう飲み薬を処方されることが多くあります。

この薬を飲むことで、交感神経から発汗の命令を出すアセチルコリンのはたらきを抑え、汗を抑えることができます。

飲み薬は医師の指示に従って容量、用法を守って飲むようにしましょう。

2、塩化アルミニウムを塗る治療

多汗症といえば塩化アルミニウムというほどのメジャーな塗り薬。
塩化アルミニウムと汗の水分が合体して汗腺を防ぎます。
発汗の量を少なくする働きがありますが、塗り続けないとまた汗は出てきます。

3、イオントフォレーシス治療

電気を直接患部に流す治療法です。
皮膚科などで多汗症の治療を行うとよくする治療法になります。

水をはったトレイに汗や酷い部位を入れ、イオントフォレーシス機器から電気を流します。
かなり効果が見られる治療法ですが、週に2~3回通う必要があり、短期間で良くなったとしても続けていかないとまた元に戻ってしまいます。

通い続けるのが困難な人は、自宅用にイオントフォレーシス機器を導入するのもひとつの選択肢としてあります。
ただ、日本のメーカーでは家庭用に販売されていないので、購入する際は海外からの個人輸入になります。

これについては、最後に別記事をご案内していますのでそちらをご覧ください。

4、ボツリヌス菌の注射をする治療

美容クリニックなどで受けられる治療法です。
患部にA型ボツリヌス菌の毒素を注射します。
交感神経から汗を出すように指令を送るアセチルコリンの働きを抑え、汗腺のはたらきをブロックします。

5、交感神経の切除術

交感神経を切除する全身麻酔を使う手術になります。

多汗症の治療としてはメジャーな手術ですが、メスを入れたくないひとにはおすすめできません。
術後の後遺症などが心配ですよね。交感神経切除術を受ける選択をするなら、病院選びはしっかり行うようにしてください。

6、超音波による治療

超音波で汗腺を壊す治療法です。ミスドライともいわれます。
体を切らないので術後の負担も少なくてすみます。

この6つの多汗症治療で受けてみたいものはありましたか?
すでに受けているけれど効果がなかった治療法も中にはあるかもしれません。

手術をするのはこわいけど、しっかり多汗症を治したいひとに人気な治療は、イオントフォレーシス治療です。
イオントフォレーシスは副作用の心配が低く、効果が高いと言われています。

ですが、時間がかかります。週に何度も通って治療をし、半年から1年もしくはそれ以上通院しつづけないといけません。
それがネックとなり、途中で治療をやめてしまう人も多く、せっかくの効果が台無しになることも少なくありません。

通えなくなる可能性が考えられるひとは、自宅用にイオントフォレーシスを用意して自分で治療を行っていくという方法もあります。気になる人はこちらの記事も読んでみてくださいね。
▼▼▼

イオントフォレーシスを自宅で【多汗症ナビ】