手足、脇の汗を治す方法【6つの多汗症治療】とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

手足、脇の汗を治す方法【6つの多汗症治療】

手や足、脇の汗がすごいと普段の生活でも支障がでてしまいます。会社や学校に行くのが嫌になったり、人に合うのが苦手になったり、性格も内向的になってしまいます。

できることならしっかりと多汗症と向き合って、完治させて毎日を明るい気持ちで過ごしたいですよね。

手足、脇の汗を治す6つの多汗症治療法をまとめてみました。
あなたに合う方法で多汗症をケアしていきましょう。。

1、飲み薬による治療

多汗症で皮膚科などを受診すると、抗コリン剤をいう飲み薬を処方されることが多くあります。

この薬を飲むことで、交感神経から発汗の命令を出すアセチルコリンのはたらきを抑え、汗を抑えることができます。

飲み薬は医師の指示に従って容量、用法を守って飲むようにしましょう。

2、塩化アルミニウムを塗る治療

多汗症といえば塩化アルミニウムというほどのメジャーな塗り薬。
塩化アルミニウムと汗の水分が合体して汗腺を防ぎます。
発汗の量を少なくする働きがありますが、塗り続けないとまた汗は出てきます。

3、イオントフォレーシス治療

電気を直接患部に流す治療法です。
皮膚科などで多汗症の治療を行うとよくする治療法になります。

水をはったトレイに汗や酷い部位を入れ、イオントフォレーシス機器から電気を流します。
かなり効果が見られる治療法ですが、週に2~3回通う必要があり、短期間で良くなったとしても続けていかないとまた元に戻ってしまいます。

通い続けるのが困難な人は、自宅用にイオントフォレーシス機器を導入するのもひとつの選択肢としてあります。
ただ、日本のメーカーでは家庭用に販売されていないので、購入する際は海外からの個人輸入になります。

これについては、最後に別記事をご案内していますのでそちらをご覧ください。

4、ボツリヌス菌の注射をする治療

美容クリニックなどで受けられる治療法です。
患部にA型ボツリヌス菌の毒素を注射します。
交感神経から汗を出すように指令を送るアセチルコリンの働きを抑え、汗腺のはたらきをブロックします。

5、交感神経の切除術

交感神経を切除する全身麻酔を使う手術になります。

多汗症の治療としてはメジャーな手術ですが、メスを入れたくないひとにはおすすめできません。
術後の後遺症などが心配ですよね。交感神経切除術を受ける選択をするなら、病院選びはしっかり行うようにしてください。

6、超音波による治療

超音波で汗腺を壊す治療法です。ミスドライともいわれます。
体を切らないので術後の負担も少なくてすみます。

この6つの多汗症治療で受けてみたいものはありましたか?
すでに受けているけれど効果がなかった治療法も中にはあるかもしれません。

手術をするのはこわいけど、しっかり多汗症を治したいひとに人気な治療は、イオントフォレーシス治療です。
イオントフォレーシスは副作用の心配が低く、効果が高いと言われています。

ですが、時間がかかります。週に何度も通って治療をし、半年から1年もしくはそれ以上通院しつづけないといけません。
それがネックとなり、途中で治療をやめてしまう人も多く、せっかくの効果が台無しになることも少なくありません。

通えなくなる可能性が考えられるひとは、自宅用にイオントフォレーシスを用意して自分で治療を行っていくという方法もあります。気になる人はこちらの記事も読んでみてくださいね。
▼▼▼

イオントフォレーシスを自宅で【多汗症ナビ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA